派遣という働き方

私は今派遣でとある会社で働いている。
派遣って社員より格下で、社会の底辺という見られ方を正直されております。
しかしですよ、
私が派遣されている会社は学者タイプの天才ばかり。

私はというと、手先が凄まじく器用で、加工作業の達人。しかもパソコンもエキスパート。修理はおろか、エクセル・ワードはほぼ知り尽くしている始末。マクロもバリバリ組めてしまう。

まあ自慢になってしまうけど、結局私は派遣先で本当に重宝されており、女性社員からは「社員になって!辞めないで!」と言った嬉しい声を聞くわけです。
コレって底辺でしょうか?

派遣は確かに派遣元にお金を取られるわけで、給料も低いです。

しかし、明らかに配属先には居ないような人材で重宝されるんです。そういった場所を選べば。

そこで、派遣という生き方。

派遣先にはもちろん自分のキャリアをマッチングさせて派遣されるため、スキル開示が必要である。しかし、ただ、会社に求められるスキルだけではなく、関係ありそうなスキルもアピールポイントとなって目立つ可能性大。
大暴れできるかもしれませんよ。

しかし、その反面、放置されたり、雑な扱いをされる場合もある。
そういった場合は派遣元に相談して、戦ってもらうこともできる。事実私の同僚も結構なパワハラを受けたらしいのですが、派遣元の営業が、「出るところに出ますよ」と強気で発言した所パワハラは無くなりました。

派遣って、営業が派遣社員を守ってくれるんです。しかも、契約が終わってもすぐに次の配属先を探してくれます。コレやらないと、我々の給料はもとより、営業などの給料も払えませんから、営業は必死で会社を探してくれます。

本当に安心です。月々の給料は安いですが、何かあっても次をあてがってくれる。ココが一般的な正社員にはありえない待遇なんです。

派遣見直してみるといいですョ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です